会計書類電子保存システム

ead(イーエーディ)

会計書類電子保存システムead(イーエーディ)とは

クラウドとオンプレ(社内にサーバーを設置)から選択できる会計書類電子保存システムです。
クラウドタイプは24時間365日インターネットが接続できる環境であれば、いつでもどこからでも登録・閲覧が可能です。
オンプレタイプは外部への情報流出のリスクが低く、セキュリティが強固なため、安心です。
見積書・注文書・納品書・請求書・領収書・契約書・送付状などの会計書類を電子保存します。
電子帳簿保存法に対応しています。
アップロードの履歴が一目で分かります。

電子帳簿保存法に対応

2024年1月1日から電子取引に関するデータ保存の完全義務化になりました。
PDF変換してサーバーに保管しておくだけでは不十分です。
クラウドの良さはインターネットが接続できる環境であれば、社外でも閲覧できることです。
オンプレタイプの良さはデータが社内にあるため、外部への情報流出のリスクが低く、セキュリティが強固で安心です。
インターネットで障害発生しても何も影響がありません。
環境に合わせてお選びいただけます。

検索が楽、履歴の閲覧可能

電子データは全てサーバー内に保管されます。
容量が不足してきたら容量を追加することも可能です。
電子データをサーバーにアップロードするときに、必要な情報を選択式で登録でき、入力漏れがありません。
複数の条件でピンポイントでファイルを検索できるので、探す手間の必要がありません。

運用に合わせてカスタマイズ

訂正削除は管理者のみが実行でき、履歴が残るので安心です。
※タイムスタンプは押せません
運用に合わせて登録する項目を変更したり、ユーザーに割り振る権限の種類を増やしたりすることも可能です。
他社システムとの入替えには、専属の技術スタッフが柔軟に対応いたします。
まずはご相談ください。

販売のご案内

設置・設定は弊社にて行いますのでご安心ください。
クラウドとオンプレ、容量により費用は変動いたしますので、直接お問い合わせくださいませ。

レンタルのご案内

設置・設定は弊社にて行いますのでご安心ください。
1か月単位でレンタル可能です。

30通/月ごとごとのレンタル価格
 クラウドタイプ:1,980円/月(税込) [2024/03リリース開始]
 オンプレタイプ:2,960円/月(税込)
 ※初期導入費用が別途かかります。設置状況により費用が変動いたしますので、直接お問い合わせくださいませ。
(2024/4現在)

こんな心配はございませんか?

そもそも自分の会社で「電子帳簿等保存」が必要なのか分からない・・・ 国税庁による「令和5年度税制改正による電子帳簿等保存制度の見直しの概要」では、所得税・法人税などを申告している法人・個人事業者であれば、注文書・契約書・送り状・領収書・見積書・請求書などの保存義務があるようです。

会計書類電子保存システムでは、国税庁の指定する『記録の改ざんなどを防止するため、①〜③の保存を⾏うためには一定のルール』に従い、電子データを保存しております。
来週、急きょシステムが必要になった・・・ 急なご入用の場合など、即日対応が可能な場合がございます。
お気軽にご相談ください。
半年だけレンタルしたい・・・ 可能です。レンタル期間は最短1か月間となります。
システムを導入した担当者が不在で詳細が分からない・・・ 操作方法などご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
設置の最短スケジュールが知りたい・・・ 約5営業日で発送いたします。
オンプレタイプの場合、機器の在庫状況によりスケジュールが変動いたしますので、直接お問い合わせくださいませ。